非加熱青汁の効果は活性酸素除去で細胞の老化を防ぐこと記事一覧

活性酸素がなぜ体によくないかという話をします。本を読んで勉強しました。すごく専門的で医学的視点からみるといい活性酸素も悪い活性酸素もあるそうです。詳細は専門家に任せるとしてここでは一般人が気をつけないといけない活性酸素について書いていきます。考え方の流れをまとめると活性酸素はなぜ体によくないのか活性酸素がつくる体の老化活性酸素の元となるストレスの種類ストレスを少なくする方法活性酸素が少なくなって健...

病気のほとんどはストレスから始まると言われてなんとなくわかっていてもその流れについて知っている人はごくわずかです。ストレスが原因で病気になったと言われれば納得するしかありません。病気になったのが家族であれば病気になる前に日頃からなんとかしたいものです。実はストレスを感じて病気になるまでには流れがあって、その途中で気付けば未然に防ぐこともできます。自分で気付くのが1番良いのですが、ストレスが多い人ほ...

薬を飲んでも病気や痛みが治らなかった経験はありませんか。治らないどころか悪化したり、違う病気が併発した経験はありませんか。実はこれは理由を考えればスッキリわかります。なぜ病気が治らないのか考えていきましょう。答えからいうと西洋医学と東洋医学の考え方の違いがあり、現在は西洋医学が発達した結果このような状態になっています。しかし西洋医学が100%悪いかというとそうではなく、時と場合には必要です。東洋医...

交感神経と副交感神経という言葉を知っていますか?言葉は聞いたことがあるけど詳しいことはわからないという人が多いはず。交感神経と副交感神経が崩れると自律神経も崩れます。何を隠そうわたしも最初はそうでした。しかし青汁を飲み始め体のことに興味を持つようになり本を読んだり勉強したりしていくうちに、この単語の意味を深く知ることになりました。副交感神経の方がテレビや雑誌ではクローズアップされます。こちらの方が...

免疫力が低下すると病気に掛かりやすいとわかっていてもなかなか自分の免疫力低下なんてわからない人がほとんど。しかし体はサインを出して免疫力低下を知らせています。これに気付くことによって病気になりにくい体をつくることができます。これと同時に免疫力をアップさせるSOD酵素青汁を飲むと効果的です。SOD酵素青汁は酸化を防ぐ抗酸化作用があります。具体的にどんなときに体は免疫力低下のサインを出すかチェックして...

思春期にニキビが出ていた人を思い出してください。そして大人になっても吹出物が多い人を思い出してください。この人たちは実はリラックスが下手な人が多いんです。そういえば学生時代に合ったニキビが多い人や、今まわりにいる吹出物が多い人はリラックスが下手な人が多いように思います。芸能人やスポーツ選手も参考に考えてみてください。なるほどと合点がいく人が数人出てきたはずです。

何かと話題のメタボリックシンドローム。ただの肥満の人を指すだけではありません。しかしポッコリお腹の人を指すのも特徴です。お腹が出ている人は巷で「メタボ」と言われる時代になりました。これをただのダイエットと思って痩せようとするといけません。体に負担が掛かります。体に負担が掛かると体調を崩します。メタボの人にもSOD酵素青汁がおすすめなのですがそれはどんな理由からそうなるのか書いていきたいと思います。

糖尿病にかかりやすい人は頑張り屋さんが多い。これは本当だと思いますか?なんとなく言っているわけではなく糖尿病にかかるということはそれなりの理由があります。この理由がわかると対処法も見えてきます。理由を考えると日本のビジネスマンに糖尿病の人が多いのは納得がいきます。仕事によるストレスや悩み残業による過労運動不足暴飲暴食この条件が重なる日本のビジネスマンが多いのです。そしてこれが原因で糖尿病へとつなが...

季節の変わり目になると体調を崩す人がいます。体調を崩さないまでも頭痛で悩んでいる人も多いでしょう。これにはちゃんと理由があります。季節の変わり目ということは気圧が変化します。気圧の変化によって自律神経と白血球と免疫システムに影響があるからです。季節の変わり目の気候の変化気候の変化により気圧も変化気圧の変化により自律神経と白血球と免疫システムに変化なので普段から自律神経が整っていない人にはより大きな...

初詣で神社に行くと厄年の人は何年生まれの人です。当神社でお祓いをしましょうという文字が目に飛び込んできます。これを見て非科学的なことを言っているのになんだか信憑性があるし、多くの人が厄年に体調不良があるから少なからず当たっているなとなんとなく思っていました。最近、SOD酵素青汁のことや免疫力のことを勉強するようになりこの厄年が体の血液と関係があることがわかりました。神社に書いてある厄年はなんとなく...