一般人が気をつけないといけない活性酸素

活性酸素

活性酸素がなぜ体によくないかという話をします。本を読んで勉強しました。すごく専門的で医学的視点からみるといい活性酸素も悪い活性酸素もあるそうです。

 

詳細は専門家に任せるとしてここでは一般人が気をつけないといけない活性酸素について書いていきます。

 

考え方の流れをまとめると

 

活性酸素はなぜ体によくないのか
活性酸素がつくる体の老化
活性酸素の元となるストレスの種類
ストレスを少なくする方法
活性酸素が少なくなって健康になったら

 

この5項目について考えていきます。


活性酸素はなぜ体によくないのか

活性酸素になんとなく悪いマイナスのイメージをもっている人も多いと思います。しかしなぜ活性酸素が体にとって悪いのか説明できる人は本当に少ない。

 

簡単にいうと活性酸素は体の細胞を酸化させ老化に導くので悪いとされています。完全にすべてが悪いわけではないのがウィルスや細菌を退治してくれる役割があるからです。しかし必要以上になると細胞を酸化させるので要注意です。

活性酸素の元となるストレスの種類

では活性酸素はどうやったらできるのでしょうか。多くはストレスから活性酸素が発生します。ストレスと言っても会社が嫌で感じるストレスだけではありません。人間関係などの精神的ストレスの他にも運動不足や紫外線や食品添加物もストレスとなって活性酸素を発生させます。

 

具体的にいうとこんなことです。

 

たばこの吸い過ぎ
お酒の飲み過ぎ
暴飲暴食
会社での人間関係のストレス
家庭のストレス
紫外線の浴びすぎ
などなど

 

心当たりがある人も多いのではないでしょうか。サプリメントを飲むと同時に活性酸素を増やさないストレスを少なくする生活を心掛けることも必要です。

活性酸素がつくる体の老化

具体的に活性酸素が多くなると体のどういった部分に表れてくるのかというとこんなことがあります。

 

シミが出てくる
シワが増える
風邪ひきやすくなる
疲れやすい
視力が低下する
白髪が増える
ハゲになっていく

 

あなたのどこか悪いところや弱いところに活性酸素は老化となって現れてきます。現れる具体的なものが人それぞれなのはウィークポイントがそれぞれ違うからです。なので白髪が増える人もいればハゲる人もいるのです。女性に多い現象、男性に多い現象などもあります。

 

さらに老化して細胞が酸化すると病気につながることもあります。病気になったときにやっとお医者さんが病名をつけます。

 

活性酸素を増やさないことは病気の未然に防ぐことにもつながります。

ストレスを少なくする方法!こんな人は要注意

これは意識の持ち方しだいです。表面的だけではなく心がよろこぶことをしましょう。

 

こんな人は要注意です。

 

やる気がない
いつも家でゴロゴロしている
お菓子ばかり食べている
ビールばかり飲む
愚痴ばかり言っている

活性酸素が少なくなって健康になったら

活性酸素が少なくなったら免疫力が高まってきます。自然治癒力ともいえます。風邪をひきにくい人がまわりにいると思います。その人はきっと免疫力が高い人です。反対に免疫力が低い人は風邪をひきやすい。

 

活性酸素と免疫力の関係は負の連鎖もプラスの連鎖も生み出します。

 

負の連鎖

 

ストレスが多い生活
活性酸素が発生
細胞が酸化
老化が促進
免疫力が弱まる

 

そしてまたストレスが多い生活をしてしまう。

 

プラスの連鎖

 

やる気がある
活性酸素はあまり発生せず
細胞が酸化しにくい
若々しい
免疫力が高まる

 

そしてまたやる気が高まる。

 

1度負の連鎖になってしまうとなかなか抜けだせません。日頃から注意しましょう。この仕組みがわかっているといろんなことに注意するようになります。活性酸素を除去してくれる外的な素材としてSOD酵素青汁は負のスパイラルを抜け出すきっかけにもなります。

SOD酵素青汁ランキング


関連ページ

病気の根本のストレスをSOD酵素青汁で軽減する考え方
病気のほとんどはストレスから始まるのをわかりやすく分析。ストレスと病気の間に活性酸素と細胞の老化があります。ストレスをためないようにするために、病気を未然に防ぐためにSOD酵素青汁が効果的です。
薬を飲んでも病気が治らない理由!SOD酵素で解決しよう
薬を飲んでも病気が治らない理由を分析。西洋医学と東洋医学の視点で考えるとわかりやすいです。ストレスが自律神経のバランスを崩し交感神経優位になり活性酸素をつくります。活性酸素は細胞を酸化させます。これらを考えるとSOD酵素青汁の重要性がわかります。
興奮の交感神経とリラックスの副交感神経のバランスをとる青汁
興奮の交感神経とリラックスの副交感神経のバランスをとる青汁とはどういうことかを説明。自律神経のバランスが崩れると胃腸に負担が掛かり活性酸素が増え細胞を老化させます。ここで効果的なのが活性酸素をやっつけるSOD酵素青汁です。
自分の免疫力低下を知る方法!病気になる前にSOD酵素青汁を
自分の免疫力低下を知る方法を具体的に紹介します。肩こり腰痛歯周病は病気のサイン。ストレスで活性酸素が増え、細胞が酸化し、交感神経が緊張して体温が低下してくると病気が忍び寄ってきます。ストレスを解消するリラックスとSOD酵素青汁を上手く活用しましょう。
思春期ニキビや大人の吹出物はリラックスが苦手な人に多い
思春期ニキビや大人の吹出物はリラックスが苦手な人に多いとはどういうことなのか。ニキビもストレスや悩みが原因で顆粒球が増加し肌に出てきます。上手くリラックスできない人がなりやすいのです。ニキビを改善するSOD酵素青汁は自律神経のバランスをとる効果があります。
メタボリックシンドロームをSOD酵素青汁で対処する方法
メタボリックシンドロームをSOD酵素青汁で対処する方法と考え方を紹介。メタボリック症候群の元をたどっていくとストレスが大きな原因に。仕事が忙しく過食で早食いなことが肥満へとつながり血糖値の上昇、高血圧、高コレステロールに結びついています。
糖尿病にかかりやすい日本の会社員にSOD酵素青汁を
糖尿病にかかりやすい日本のビジネスマンにSOD酵素青汁がおすすめ。糖尿病の原因は遺伝や肥満ばかりが理由ではありません。痩せ型の隠れ糖尿病も存在します。その多くがストレスが理由で交感神経が優位になり病気を引き寄せます。リラックスした環境が必要です。
季節の変わり目に頭痛になる人はSOD酵素青汁で予防しよう
季節の変わり目に頭痛になる人は自律神経のバランスを崩している人です。リンパ球が多くなるので体が反応します。天気や季節は低気圧や高気圧などの変化で体にも影響があります。日頃からSOD酵素青汁で活性酸素を除去することが予防につながります。
厄年を科学的に分析するとリンパ球減少の免疫力低下が影響している
厄年を科学的に分析するとリンパ球減少の免疫力低下が影響しています。加齢の節目の厄年には免疫力をチェックしましょう。加齢とともに白血球の顆粒球が増えリンパ球が減少します。自律神経を整えるためにSOD酵素青汁は活性酸素を除去するので予防になります。