メタボの人にもSOD酵素青汁は効くのか

メタボ

何かと話題のメタボリックシンドローム。ただの肥満の人を指すだけではありません。

 

しかしポッコリお腹の人を指すのも特徴です。お腹が出ている人は巷で「メタボ」と言われる時代になりました。

 

これをただのダイエットと思って痩せようとするといけません。体に負担が掛かります。体に負担が掛かると体調を崩します。

 

メタボの人にもSOD酵素青汁がおすすめなのですがそれはどんな理由からそうなるのか書いていきたいと思います。


メタボの仕組みがわかるとSOD酵素青汁の効き目も納得

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームが何を指すかからチェックしていきましょう。

 

1.肥満
2.高い血圧
3.高い血糖値
4.高いコレステロール

 

これらのことが複合的に重なるとメタボリックシンドロームになります。

 

なぜメタボリックシンドロームの人が増えているのか

 

シンプルに考えるとこんな流れです。

 

働き過ぎ
ストレスがたまる
ストレス解消のために過食に頼る
時間が無いので運動不足
長時間労働を繰り返す

 

こんな悪循環があるようです。わたしの友達でも夜遅くまで働き、いつも「忙しい」が口癖の友達がいます。この友達はストレス解消のためにご飯をたくさん食べますが、そのスピードは早くいつも「早食い」です。運動する時間もないのでどんどんお腹が出てきています。合うといつもハンカチで汗をふき、次回の健康診断を気にしています。

 

みなさんもこんな知り合いが身近にいませんか?日本にこんな人が急増しています。

 

これは血糖値や血圧やコレステロールの数値が高くなると交感神経が緊張するのでそれを和らげるために副交感神経が働きます。その行為がついつい食べ過ぎる行為へとつながって悪循環をつくっています。

 

副交感神経を和らげる行為を過食から違うリラックス方法に変えるだけでもメタボは予防できます。しかし食べることは手っ取り早いリラックス法なので忙しい人ほど食べ過ぎてしまい内臓脂肪の蓄積と体重増加につながります。

 

食べ過ぎて胃薬を飲む悪循環

食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると今度は空腹時に胃痛になる人が増えてきます。ここで胃薬に頼るとまたさらに悪循環が始まります。胃薬の多くは副交感神経の働きを抑制し空腹時の胃痛を抑えます。その結果交感神経の緊張を招きます。ストレスで胃痛になり、胃薬でストレスを招くという悪循環です。

メタボの原因であるストレスを見つけてSOD酵素青汁を飲もう

メタボリックシンドロームと聞くと単純にダイエットを目指そうとしますが、根本から考えるとストレスの原因をつきとめてそれを解消していくことから考えないといけません。とはいっても現代社会では仕事のストレスはどうしても付きまとうものです。仕事とどう向き合うか、ストレスとどう向き合うかが重要なポイントになります。

 

いろんな薬を飲むよりも交感神経や副交感神経をつかさどる自律神経を整えるために、活性酸素を除去するSOD酵素青汁を飲むのもおすすめです。

 

活性酸素を除去することによって自律神経が高まり過食も抑制されるかもしれません。ストレスがつくる活性酸素を除去するのでストレスにもいい影響があります。ストレス解消を体の中からも促進させ、脳や体の過食以外のストレス解消につなげていきましょう。

SOD酵素青汁ランキング


関連ページ

活性酸素がなぜよくないのか?青汁で防御できることとは
活性酸素がなぜよくないのか?ストレスが活性酸素をつくり活性酸素が細胞を酸化させ老化の原因になります。それぞれの現在の体質にもよりますがSOD酵素青汁は抗酸化酵素なので防御することも可能。活性酸素とストレスの関係も具体的に読み解いていきます。
病気の根本のストレスをSOD酵素青汁で軽減する考え方
病気のほとんどはストレスから始まるのをわかりやすく分析。ストレスと病気の間に活性酸素と細胞の老化があります。ストレスをためないようにするために、病気を未然に防ぐためにSOD酵素青汁が効果的です。
薬を飲んでも病気が治らない理由!SOD酵素で解決しよう
薬を飲んでも病気が治らない理由を分析。西洋医学と東洋医学の視点で考えるとわかりやすいです。ストレスが自律神経のバランスを崩し交感神経優位になり活性酸素をつくります。活性酸素は細胞を酸化させます。これらを考えるとSOD酵素青汁の重要性がわかります。
興奮の交感神経とリラックスの副交感神経のバランスをとる青汁
興奮の交感神経とリラックスの副交感神経のバランスをとる青汁とはどういうことかを説明。自律神経のバランスが崩れると胃腸に負担が掛かり活性酸素が増え細胞を老化させます。ここで効果的なのが活性酸素をやっつけるSOD酵素青汁です。
自分の免疫力低下を知る方法!病気になる前にSOD酵素青汁を
自分の免疫力低下を知る方法を具体的に紹介します。肩こり腰痛歯周病は病気のサイン。ストレスで活性酸素が増え、細胞が酸化し、交感神経が緊張して体温が低下してくると病気が忍び寄ってきます。ストレスを解消するリラックスとSOD酵素青汁を上手く活用しましょう。
思春期ニキビや大人の吹出物はリラックスが苦手な人に多い
思春期ニキビや大人の吹出物はリラックスが苦手な人に多いとはどういうことなのか。ニキビもストレスや悩みが原因で顆粒球が増加し肌に出てきます。上手くリラックスできない人がなりやすいのです。ニキビを改善するSOD酵素青汁は自律神経のバランスをとる効果があります。
糖尿病にかかりやすい日本の会社員にSOD酵素青汁を
糖尿病にかかりやすい日本のビジネスマンにSOD酵素青汁がおすすめ。糖尿病の原因は遺伝や肥満ばかりが理由ではありません。痩せ型の隠れ糖尿病も存在します。その多くがストレスが理由で交感神経が優位になり病気を引き寄せます。リラックスした環境が必要です。
季節の変わり目に頭痛になる人はSOD酵素青汁で予防しよう
季節の変わり目に頭痛になる人は自律神経のバランスを崩している人です。リンパ球が多くなるので体が反応します。天気や季節は低気圧や高気圧などの変化で体にも影響があります。日頃からSOD酵素青汁で活性酸素を除去することが予防につながります。
厄年を科学的に分析するとリンパ球減少の免疫力低下が影響している
厄年を科学的に分析するとリンパ球減少の免疫力低下が影響しています。加齢の節目の厄年には免疫力をチェックしましょう。加齢とともに白血球の顆粒球が増えリンパ球が減少します。自律神経を整えるためにSOD酵素青汁は活性酸素を除去するので予防になります。