なぜ青汁の中でもリッチグリーン青汁を選んだのか

青汁のメーカーもたくさんあり種類もたくさんあります。なぜSOD酵素青汁に注目してリッチグリーン青汁を選んだのかその理由を説明したいと思います。まずはSODが何の略か知ることから始めましょう。

 

SOD酵素

 

SODとは活性酸素除去酵素とも呼ばれスーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase)の略です。

 

活性酸素を除去するのがSOD酵素です。

SOD酵素が戦う活性酸素とは何か

ということで活性酸素が何なのかも知る必要があります。活性酸素とは体内の細胞を酸化させるものです。細胞が老化する目に見える代表的なものとしてシミやシワがあります。いきなりシミが現れるのではなく活性酸素が増えて体内の細胞を酸化させて老化が始まります。

 

活性酸素の原因としてストレスがあります。ストレスと聞いて真っ先に会社の上司を思いついた人もいるでしょう。その会社のストレスも細胞を酸化させています。ストレスの原因は会社の上司だけでなく、PM2.5や運動不足や添加物の食事も当てはまります。

 

ストレスが細胞を酸化させ老化の原因になるのですがシミやシワの他に白髪が増えたり疲れやすくなったり風邪をひきやすくなったりするのもこの活性酸素の仕業です。

 

ちょっとこの流れをまとめると

 

1.ストレスがたまる
2.活性酸素が増加する
3.細胞が酸化
4.老化が促進
5.体に老化現象が現れる

 

流れで見るとわかりやすいですよね。活性酸素の本を書店で読んでみてください。ちゃんと書いてあります。しかしこれを理解している人は少ないんですよね。

活性酸素を除去してくれすSOD酵素

活性酸素のことがわかると次はSOD酵素のことです。若いときは活性酸素を除去する酵素があるのですが年をとるごとに減っていきます。これを外部からとることができるのがSOD酵素サプリメントです。

 

酵素サプリも多くなってきましたがSOD酵素サプリメントはまだ少ないのが現状。もしSOD酵素を見つけてもその数値をちゃんとチェックしなければいけません。SOD酵素は活きていないと意味がなく数値も低いんです。高温になると活性しなくなるので低温で製造しなければいけません。体温以上の50度前後でSOD酵素は死活します。このことも本で学びました。

 

サプリを飲む前に本で知識をつけておくことは大事です。効果があるかどうかはこの知識の段階で大きく左右されます。

 

活きたSOD酵素は活性酸素をやっつけてくれます。この流れで考えると老化防止になることが論理的に理解できます。

 

1.ストレスが増加
2.活性酸素が細胞を酸化
3.SOD酵素青汁で活性酸素を除去
4.体内が健康に
5.健康は幸せを運んでくる

 

SOD酵素青汁のおかげで幸せなる理論もこれで方程式ができます。

 

こんな理由で数多くの青汁の中でもSOD酵素青汁を選びました。

SOD酵素青汁ランキング


関連ページ

青汁の選び方シンプルに説明!おすすめは非加熱のリッチグリーン
青汁の選び方シンプルに説明します。3ステップです。非加熱で絞り汁のリッチグリーン青汁を選べばOK。その他の青汁はSOD酵素以外の効果がありますがそれはそもそも青汁に求めなくていいものです。最後にSODの数値を成分表示でチェックすることをお忘れなく。
リッチグリーンの青汁は大麦若葉の赤神力という品種から作られている
リッチグリーンの青汁は大麦若葉の赤神力という品種から作られています。大分県国東半島で契約農家が有機栽培しています。畑と工場が近くになるように管理され朝摘みの大麦若葉が新鮮なうちに加工されます。赤神力はビタミンやミネラルや酵素もバランスが良く豊富です。
妊婦が探しているノンカフェインで無添加の国産青汁とは
妊娠中に妊婦が探すノンカフェイン青汁。カフェインの許容範囲はどのくらいなのか。添加物食品の増加とインターネットの情報の増加で混乱している人も多いはず。これをスッキリ説明します。無添加の国産青汁を自分の体そして医師と相談しながら飲むと効果的です。
SOD酵素たっぷりの大麦若葉のリッチグリーン青汁の飲み方と注意点
SOD酵素たっぷりの大麦若葉のリッチグリーン青汁の飲み方と注意点を紹介します。お湯はダメです。作り置きもNG。そして1番多い関心事はいつ飲めば効果的かということ。なぜそうなるのかSOD酵素の特徴である活性酸素との関係が理解できれば自然とわかってきます。
青汁の選び方と飲み方を学ぶ7日間無料メルマガ講座
青汁の選び方と飲み方を学ぶ7日間無料メルマガ講座です。まずは知ること。どんな青汁がいいのか基準が無いからキャッチコピーに飛びつきます。青汁は効果は飲み方でも変わってきます。非加熱青汁をおすすめする理由とは。わかれば体調も変化していきます。